読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇の蕾と人生の課題、そしてアナイス・ニンの言葉

春が好きだ。

花という花があちらこちらで咲き乱れ、木々は新しい緑の葉を風に揺らす。

一気に世界が賑やかになる。

この自然の大きなエネルギーをもっとも身近に感じられるのが春ではないだろうか。

季節は巡る。

植物は外の世界の変化を感じ取り、いつ動き出すべきか知っている。

では私たち人間はどうだろうか?

冬に無理して咲こうとしていないか?

春が来たのを感じ取っているか?

咲くべき時が来たら咲く。世界はこんなにシンプルなのに。

今回は、私がそのことを体感させてもらった薔薇の蕾の話しをしたいと思う。

 

私の自宅から最寄り駅までの道の途中に古いレンガ造りのマンションがあり、その門の奥の中庭に立派な薔薇の木がある。

その薔薇の木は手入れをあまりされていない中庭で自由気ままに育ち、大きな濃いピンク色の花をつける。春だけではなく時々他に季節にも咲いた。

ある日、いつものように私は通勤途中にそのマンションの横を通り、ふと薔薇に目を向けると、大きな蕾があるのに気づいた。ふっくらと膨らんでもうすぐ咲きそうだ。

しかし翌日は咲いていなかった。私は少し残念に思い「明日は咲くかもしれない」とその次の日も確認してみたがやはり咲いていない。

そのうち秋の長雨で、冷たい雨のふる日が続くようになった。

「まだ咲いていない…」

傘をさす横目で薔薇の蕾を確認する日々。

雨は一週間近くも降り続けた。

そして休日。空はすっかり晴れ渡り、青空に太陽が輝いている。

私は昼ご飯を食べた後、買物に行こうと駅まで向かった。そしてあのマンションの横を通り過ぎようとした時、「そうだ、薔薇の蕾。」と思い出した。

蕾は見事に咲いていた。

青空の下、太陽の光を浴びながら、濃いピンクの花びらを大きく幾重にも広げ誇らしげに風に揺れていた。

「……咲いてる! 晴れたからだ……雨の間は咲かないんだ……」

こんな当たり前のことが私にとっては衝撃的だった。春ではない季節に目撃したからかも知れない。

あの薔薇の蕾はきっと知っていた。もうすぐ冷たい雨が降るということを。だから咲かなかった。そして雨が続けば、じっと、ただじっと、柔らかく美しい花びらを内側に守りながら、雨が止むのを待った。雨はいつかは止むということを知っているからだ。

そして太陽の光を感じたら、迷うことなく咲いた。今が咲くべき時だと、彼女は知っていたのだ。

すごいと思った。

私たちはどうだろう。雨なのに咲こうとしてないだろうか?雨が止むのを待ちきれずに咲こうとしてないだろうか?咲いてない罪悪感に耐えきれず無理矢理雨の中咲こうとしていないだろうか?そして晴れたのに咲くのを躊躇したりしていないだろうか?あと一日晴れの日が続いたら咲こうと、咲くのを先延ばしにしていないだろうか?

止まない雨はない。

世界は変わる。

だから、あなたにとって、もし今世界が咲くには厳しすぎるなら、咲かなくていい。

あなたの内側にある柔らかく美しいものを、ただじっと守っているだけでいい。

そしてある日、世界が少しだけ暖かくなったと感じたら、迷わずに咲こう。

 

アナイス・ニンの残した言葉にこういうものがある。

「そして蕾を堅くしたままでいる危険性が花を開く危険性よりも痛みを伴う日が来た」

 

かつての私は、世界を外側に閉じ込めて、自分の内側にあるものだけが美しいと思って守り続けていた。

でもそれではだめだ。苦しくなっていくだけだ。

私たちは咲くようにできている。咲く喜びを感じるために生まれてきた。

それが神様から私たちに与えられた課題。

だから咲くことができないとすごく苦しい。

だけど神様は意地悪でもないしドSでもない。課題も苦しみも、神様はギフトとして私たちに与えてくれた。

苦しみは、そこにあなたがより良くなるために知るべき大事な何かがありますよ、あなたは上手に咲くことができるんですよ、と教えてくれているだけ。あなたを虐めるためでは決してない。

 

私たちは自然の一部だ。

あの薔薇のように、春に目覚める植物のように、内側をしっかり守りながら外側で起こっている変化を敏感に感じとっていれば、きっと上手に咲ける。

あなたの世界は内側だけではない。

内側も外側もぜんぶひっくるめて、あなたの世界だ。

あなたが咲く世界だ。

 

 

Life is beautiful.